父はヒーローではありません

通院

下北地域は、むつ市にしか小児科のDrがいません。我が家からは50㌔弱の距離。

冬季は正直キツイっすね。


レゴが最近上の怪獣お姉ちゃんに風邪をうつされて、鼻水が出てきていたんです。幸いに上は大したことがなく、レゴも熱は出ていませんので様子を見ておりました・・・。でも、私の仕事の都合もありますし、天候も気になります。ひどくなってからの凍結道路50キロは正直厳しいものもあり・・・。

結局相談して、休めそうな今日連れて行くことにしました。朝の期限は悪くないものの、左目の眼やにが酷く・・・。それについてもDrに相談して処方箋をもらって帰宅しました。


まぁ薬を続けていて、これ以上悪くはならないと思います・・・。

やはり・・・医師不足はこの過疎地域にとっては深刻ですね。

※地域のDrは皆さん頑張っていらっしゃいます(と思います。全員はしらないので。)

by kurosyuke | 2009-01-29 20:31 | 怪獣(子供)の話 | Comments(2)
Commented by えく at 2009-01-31 18:20 x
50km!(゜o゜)うちから江ノ島エボシ岩くらい?!遠すぎ...
マジお大事に...

こちらは「病院」「医院」自体は少なくはないと思うのですが
やはり「小児科医」「産婦人科医」不足は深刻らしく
夜間緊急で小児科医がいる病院は近隣では1軒程度のはず...
そして大きい市立病院はお産でも紹介状がないと
受け入れてくれないんだとか。
子供いない猫でさえこの認識なので
実際子供を持つ親御さんたちはいろいろな問題に
直面していることでしょう...(´ω`;;;)
Commented by kurosyuke at 2009-01-31 21:35
出産するのも同じ距離です。


出産の緊急時は救急搬送になりますね。「途中で頭が出てきて」っていう話は結構あります。

春から秋はなんとかなりますが冬は・・・。トホホ
<< ティッシュ なんと!! >>