父はヒーローではありません

養豚

昔の話を書きます・・・。

今では誰もやらなくなりましたが、私の子供のころは大間でも数軒「養豚」をやっていました。
大規模ではありませんが、いわゆる豚小屋はあちこちにありました。

子供の私が歩いていると、時々その豚を連れて歩いている大人をみました。豚はものすごく巨大で、毛が生え、その毛にゴミ(乾燥した糞かも)がついていて、ちょっとした妖怪のようでした。匂いも酷く、道路の反対側に移動し極力離れてすれ違いました。(怖いものある)

大人になってから聞いた話では、あれは豚の散歩ではなく、「種付け」のために移動しているのだそうな・・・。

私の友人は、その移動中の豚を見て、肉が食えなくなったと話しておりました。それまでは、大好きだったのに・・・おかげで食堂で焼きそばを注文しても、頼むときに

「焼きそば!肉抜きで!」


と頼まなくてはならなくなりました。

あるとき、その友人が先輩と遊びにでかけ、昼食をとりました。店に入りメニューを見た彼が店員さんに注文しました。

「しょうが焼き定食!」

先輩は驚きました・・・。でも何も言わなかったそうです。

やがて、調理されたメニューがテーブルに届けられました・・・。彼は驚きました。肉!焼かれた肉が皿に乗っているのです。

「何だコレ!」

彼は、生姜を焼いたのが出てくると思ったらしいです。まぁ豚のしょうが焼き定食と書いていない店が悪いのです。その後、彼は居酒屋にいっても必ず「イカ」を注文するようになり、みんなからは「イカちゃん」と呼ばれるようになりました。

若き18歳の頃の話です。ねnonta!!

あれ?地域の話かコレ?

by kurosyuke | 2008-04-02 21:53 | 地域(本州最北端の地)について | Comments(2)
Commented by nonta at 2008-04-02 22:19 x
あ、どうも !
とりあえず地域って事で♪
Commented by kurosyuke at 2008-04-03 05:53
了解いたしますた!
<< チャリンコダイエットで アントキの猪木ネタ >>