父はヒーローではありません

「へそ」の話

今朝のまだ暗いうちのこと、ライトが寝呆けて「べそをかく」。

寝呆けてグズグズと泣いたわけだが、「べそをかく」という表現は、小さい子供がいじけて半泣きになると、お腹の辺りを掻くしぐさをするから、こういう表現になったのだと勝手に考えている。

へそは、大間の方言だと「べっちょ」とか「へっちょ」になる。まぁ最近ではあまり使わなくなっているが、泣きべそは「泣ぎべっちょ」になる。へそを曲げるは「へっちょ曲げる」なわけだ。

しかし、方言には「へっちょで茶を沸かす」ってのは無い。たぶんそういう表現で会話をしないからだと思う。


へそと言えば、まぁ最近は全く使わない「出べそ」ってのがあるが、方言だと「出んべっちょ」になる。

子供の頃は口喧嘩になると「出んべっちょ」と相手に言ったものだが、正直なところ、「出んべっちょ」というものを私は見たことは無い。アニメのキャラ以外では。存在するのかも知らない。











朝から何を考えているのか・・・自分でもそう思う。


あと、この記事に対するコメントね書き出しは、もうお分かりですね、皆さん。

by kurosyuke | 2014-11-30 06:57 | 面倒くさい男のつぶやき | Comments(4)
Commented by カンナ at 2014-11-30 09:40 x
へーそー^^
これで合ってますか?
Commented by kurosyuke at 2014-11-30 09:49
カンナさん。

さすがです^^
Commented by オヤジッチ at 2014-12-01 03:01 x
へ~・・・私の生まれた地域では、へその方言は無かったような気がしますねぇ

テレビでは実際に出べそは見たことあるけど、やっぱり何だか
可哀 そ~
Commented by kurosyuke at 2014-12-01 07:49
オヤジッチさんによって、更にコメントのレベルが上がりまし
たねぇ・・・。

さぁ・・・おにいさんはどう答えますか・・・。

テレビで出べそが出たんですか・・・見逃した。。。
<< ツリー出しました MOZU-誕生日プレゼント >>