ブログトップ

父はヒーローではありません

zyamira.exblog.jp

中年だってニュータイプ!     さぁ!オマエの罪を数えろ!!

ドラマ見て夕べ眠れなくなったの・・・・。

NHKの深きょんのドラマを録画してみました。





サイレント・プア





先週放送の分を見逃しまして・・・・そしたら再放送を今週やるというので、嫁に録画してもらいまして・・・・。





昨日、怪獣たちが寝てからみたのですが・・・・・・。






まぁ・・・すごい内容ですわ・・・。

※以下コピペ


サイレント・プア――声なき貧困。いま、そんな「見えない貧しさ」が社会に広がっている。それに立ち向かうべく新たに全国各地に登場したのが、コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW) という仕事だ。

里見涼(深田恭子) は東京下町の社会福祉協議会CSWとして、今日も愛する町を駆けまわる。
涼が出会うのはゴミ屋敷の主、引きこもり、ホームレス、若年性認知症など、懸命に生きながらも現代の社会的孤立の淵に沈んだ人たち。彼らに手を差し伸べ、それぞれの人生にふれていく涼だが、そんな涼自身にも独りで抱え続ける絶望的な孤独があった。

人は何度でも生き直せる――この信念で走り続けた涼がその先に見出したのは、自らが手を差し伸べてきた人や町に支えられ、新たな生へと踏み出す自分自身の姿だった。






いやぁ・・・・モデルとなった(と思われる)大阪豊中市の社協の方にもお会いしたことがあるのですが、実際パワフルな方でございました。

昨日みた初回放送分は、ゴミ屋敷のお話…だったのですが、ドラマ見ながら自分であったらどのようにするか考えてしましたした・・・。

大間であったら、どのようにしたら良いのか、動くべきなのか・・・・。正直厳しいですね・・・。私はすぐに凹んでしまうほうなので・・・・。

ドラマの方は、簡単に解決したように見えましたが、実際はもっともっと大変であったと思います(豊中市の方は同様のケースをドラマであったように解消して、同様のケースに対応できるように事業化したとのことでした。)。





正直な話・・・・ドラマ見て、「コレやってくれ。」とかって相談来たら・・・・って考えたら寝られなくなったの。



とてもドラマみたいにスマートには解決できないもの・・・・。途中の苦悩とか障害とか省いているのだもの。




でも、こんなんだったら・・・・だめダね俺。がんばろ・・・。
by kurosyuke | 2014-04-16 07:49 | おっさんのツブヤキ | Comments(0)