父はヒーローではありません

大間福祉マップCUD

先日の高校生の合宿研修のことを少し書きます。



大間高校ボランティア部は、大間町内の車いすでも利用できるトイレや手すり付きのトイレなどを載せた「福祉マップ」を作成しています。観光協会のサイトにも表示してもらっているので公認ってことでいいと思います。


んで、新しい施設ができたので、そこを掲載する必要ができましたので、作り直すことになりました。


作るって言っても結構大変なんですね・・・。あと、新しい試み(企みとも言う)もありまして・・・合宿研修となりました・・・。




途中の行程ははしょりまして・・・・。



今回のマップは色覚異常者の方にも見えやすく。


ってのを目標にしました。

いわゆるユニバーサルデザインってヤツにチャレンジですね。


土曜日の午後10時過ぎまで色具合をどうするかを検討して、色々な色見本を出して比べてみて・・・生徒に色覚異常の子がいまして・・・。その子が見やすいものをということになりました。


一応CUD(カラーユニバーサルデザイン)っぽくなりました。


以前のものは、すべてパソコンで作ったのですが、今回はそんなことをしていては間に合いませんし、一人しか作業できません。なので、プリントアウトして、切り貼りすることになりました。





切ってバランスを考えて
d0149105_1953794.jpg




貼る・・・
d0149105_1953731.jpg



貼る・・・・。
d0149105_1953718.jpg




できたらラミネートして完成。
d0149105_1953885.jpg








なんですが・・・その前に・・・。


d0149105_20473580.jpg



「誰にでも愛される町になりますように。」


メッセージを書きまして、裏面に貼りつけました・・・。

by kurosyuke | 2013-10-23 19:53 | 地域(本州最北端の地)について | Comments(2)
Commented by カンナ at 2013-10-23 23:19 x
いい仕事してますね。
Commented by kurosyuke at 2013-10-24 07:38
生徒たちと何かするのは楽しいですね。

この経験を生かされて、色々と考えて行動してくれる大人になっ
てくれたらいいなぁ。
<< ロングライドの写真が送られてきたよ W台風接近 >>