ブログトップ

父はヒーローではありません

zyamira.exblog.jp

中年だってニュータイプ!     さぁ!オマエの罪を数えろ!!

人の気持ちの優しさと冷たさ~英雄視とバッシング~

自らの危険を顧みず、他人の命を救う。その尊い行為の代償はあまりに大きい。それに報いるために私たちが考えるべきことは――。10月7日、会社員の村田奈津恵さん(享年40)の葬儀が行われた。村田さんは...
オマエのせいで・・・・



人を助けようとして亡くなった方の家族が言うなら理解もできよう・・・・。




何も関係ない、赤の他人から責められるというのは、切ない話です。





バッシングを受けなくてもいいと思われる人が受けてしまう現実・・・。

自身の鬱憤を適当な相手を見つけてぶつけているとしか思えないです。
by kurosyuke | 2013-10-17 18:47 | おっさんのツブヤキ | Comments(2)
Commented by new-ikumen at 2013-10-17 21:20
そういうことをできてしまうのも信じられないですが、そんなことをして本当に鬱憤が晴れるんでしょうかね。少し考えれば、助けようとした人が喜ぶとは思えないと考えられそうなのに…

助けようとした人は立派だと思いますし、↑のお姉さんも、立派なかたですね。村田さんのご遺族のかたも、同じようなコメントしていましたね。
Commented by kurosyuke at 2013-10-18 07:42
同感です。
そんな嫌がらせしても、誰も・・・って思います。

村田さん・・・・。ご両親は切ないですねぇ・・・。

セイジカさんが動いて感謝状とかなんかを渡していましたが・・。
私的には、葬儀とかじゃなくて、1年くらいしてからのほうが渡す
のがいいと思う・・・。

家族は気持ちを整理できなくなってしまうと・・・。