ブログトップ

父はヒーローではありません

zyamira.exblog.jp

中年だってニュータイプ!     さぁ!オマエの罪を数えろ!!

認知症の高齢者の鉄道事故の損害賠償

こんなニュースの情報が入りました。


判決によると、二〇〇七年十二月、愛知県大府市の男性(91)=当時=は、同居で要介護1の妻(85)=同=がまどろむ間に外出。同市の東海道線共和駅で線路に入り、電車にはねられ死亡した。
 男性は〇〇年、認知症状が出始めた。要介護度は年々上がり、常に介護が必要な状態となり、〇七年二月から要介護4に。事故当時、週六日デイサービスを使い、妻と、介護のため横浜市から近所に転居した長男の嫁の介護も受けていた。
 遺族側は、事故は予見できなかったと主張したが、判決は、医師の診断書などから男性の徘徊(はいかい)は予見できたとした上で、介護体制などを決めた横浜市の長男を「事実上の監督者」と認定。男性の要介護度が上がったのに、家に併設する事務所出入り口のセンサー付きチャイムの電源を入れるなどの対策をせず、妻も目を離すなど注意義務を怠った結果、男性が第三者に与えた損害は償うべきだとして、JRの求める全額の支払いを二人に命じた。遺族の代理人やJRによると、認知症の人による列車事故の損害賠償請求訴訟の前例は把握していないという。

賠償を命じられた遺族の長男は「常に一瞬の隙もなく見守るなんてことは不可能。家族でやれることはすべてやってきた」と主張。代理人の浅岡輝彦弁護士は「判決が認められれば、徘徊歴のある高齢者の家族は、すべて事故時に責任を負わされるおそれがあり、介護が立ちゆかなくなる。JRは線路への侵入防止対策を十分にとらないまま、遺族にだけ賠償請求するのはおかしい」と指摘する。
 一方、JRは「男性の介護の体制を取り決めた家族に監護、監督責任があると考え、支払いをお願いしたが、応じていただけなかった。熟慮した結果、公正な判断を仰ごうと提訴した」と説明し、判決は「主張が認められた」と評価。線路への侵入防止などの安全対策については、「法律上求められている安全義務はすべて果たしている」と主張する。
 遺族側は、金を持たない男性が大府駅の改札を通り、隣の共和駅に移動したとして、JRの管理の落ち度を指摘。しかし、男性が家から事故現場に行った経路は分かっておらず、判決はJRの過失はないとした。





うーーーむ。


色々な意見がありますが・・・・。

私も、この判決は結構厳しい状況を招くと思います。


今現在・・病院でも施設でも拘束するのは極力やっていないこと(だと思いますが)ですが。

在宅の認知症の方は拘束しかないってことも・・・。



だって、、100パーセントの「監督」なんて在宅では無理です。
100パーに近いのは福祉施設になると思うが・・・。圧倒的にベッド数が足りない・・・足りるわけがない。


在宅では、玄関に鍵をかけたってはずしてしまいます。窓から出ちゃうかもしれない。認知症の方の家族は、常に見張っていないといけなくなる。眠ることも許されない。大げさに言うとそういうことになります。そうでなくても、睡眠の時間は少ないと思います。
高齢者を高齢者が介護しているという現実がどこにも、そこにもあるというのに・・・。線路わきなんかに住んでいると、マジでロープに身体をつないでとかって言う介護者がでてくるかもしれない・・。



訴訟を起こしたJRを、どうとか批判するつもりはないが、この判決は介護者の現状を全く理解せず、判断されたものとしか考えられない。



登山の遭難なんかだと、捜索費用を請求されるところがあるそうです。でも、それはリスクがあることを理解して山に登る人の適用されるものだと思うし、ちゃんと装備をしないで登るとか、悪天候でも無理してとかを防ぐ意味もある(と聞いたことがある。)。


JRだって、事故を起されたら大変です。自殺なんて言う場合は、請求する場合もあると思います。んでもねぇ。認知症の人は鉄道会社に迷惑かかるとか、とんでもない額を保障で請求されるとか判らないですもの。



あぁ・・・やっぱり人が決めたので無い気がする。
by kurosyuke | 2013-10-11 17:26 | おっさんのツブヤキ | Comments(2)
Commented by new-ikumen at 2013-10-11 21:09
えぇ、分かります。危険です。拘束するという虐待を生んでしまいそう。
前の話になりますが、心神喪失の人の監督者はどうするんだ、なんて思ってしまいます。

なんでも杓子定規に決められる訳がないのに、前例作って当てはめようとしてしまうのがいけないと思うんですけど…。それにしても、難しい問題ですね。
Commented by kurosyuke at 2013-10-11 21:18
難しいですよねぇ・・。

追加で書きましたが、自殺者とかと一緒の扱いはできないのでは
ないかと思います。

そんなんなら、線路に人が入れないようにしてほしいものです。
完璧に。