父はヒーローではありません

心神喪失と無罪

久々の真面目な話。




今日の夕刊に尼崎市の連続変死事件の裁判で、被告弁護士は当時は心神喪失の状態だったから責任能力はないと無罪を主張したとの記事。



やっぱりね、心神喪失で無罪はおかしい。


当時は心神喪失。
ってことは、今はしっかりしてる。ぢゃぁ罪は償える状態ってことですよね。


何故に無罪よ。



起訴内容を認めているということは、覚えているってことでしょ。なのに心神喪失?意味が判らない。



素直に罪を償いましょうよ。



私は、心神喪失でも罪は償うべきだと思います。



治療はして、その後に無罪で世間に放置するなんて間違ってますよ。危ないもの。

心神喪失なら世間には出さない。治療で治ったら服役。

それが筋だと思う。

by kurosyuke | 2013-09-25 18:33 | 面倒くさい男のつぶやき | Comments(2)
Commented by new-ikumen at 2013-09-25 21:58
同感です。
極論になりますが、泥酔して車運転して事故を起こした運転手を責任能力がないって弁護するのと同じことのような気がします。それは違うだろ、って。

あと、無罪、って言葉も嫌いです。どんな状態だろうと、罪は罪です。
仮に、本当に責任能力がないとしても、罪は罪。言うなら、有罪で無罰、にしてほしい、と思います。

あーすみません、いつも論点がずれてしまうのですが、
結局、くろしゅけさんの意見、思いっきり同感です。
Commented by kurosyuke at 2013-09-25 22:20
>どんな状態だろうと、罪は罪です。

そう!罪は罪だと思います。その人が確実に罪を犯したとしたら
ですが・・・。

心神喪失の状況が続くのであれば、病院から出すべきではない
と思います。
<< 祝!!父ヒー訪問者10万人 信じられませんけとも…。 >>