ブログトップ

父はヒーローではありません

zyamira.exblog.jp

中年だってニュータイプ!     さぁ!オマエの罪を数えろ!!

夏はBAD DREAM よねぇ

会社での出来事。

うちの会社は、元病院ということもあって、結構小部屋に仕切られている。
病院時代は診察室や待合室だったわけだが…。

現在は、会議室として使ったり、物置小屋として使ったりしている……。



仕事で用事があって、会議室のドアを開ける…。



????


あれ?
目の前には、普段テーブルが並んでいるはずなのに、それがなくて、代わりに誰かの荷物が置いてある。古いタンスであったり、プラスチックの衣装ケースだったり……。
ドアを閉めながら確認すると…会議室は隣。


こんな部屋あった?
※実際にはありません。




まぁ、いいか。とドアを閉める直前。「・・・・・・。」誰かの囁くような声がしました。





何かヤバい。この部屋。





とドアを閉めて・・・移動して隣の会議室のドアを開け……あれ?また荷物の部屋。



「・・・・・・・。」


また声が・・・。そして、今度は荷物からカタリと音がします。




ヤバい……。「間違えた。」と、声の主にか、自分を落ち着けるつもりか、とにかく声をだして、慌ててドアを閉める。




ナンなの??
と、再び会議室のドアを開け……。



また、荷物の部屋……。


ナンだよー何なんだよ。


「・・・・・・・・・・。」


さっきより少し大きな声。でも何て言ってるかわからない。


パキン

・・・・ラップ音がする。



「間違えたんだってば。」


さっきより大きな声で、こちらの状況を伝える。
私の声に反応するように、衣装ケースがカタンと音をたてた。被せるタイプの蓋がズレる・・・。

ケースの中から何かがフワッと出てきた・・。




ソロバンと細く丸い棒??




それは、空中に浮かびながらゆっくりとコチラに近づいてくる。


おいおい……何かやべぇぞ。と逃げる体制に・・・でも体が思うように動かねぇ!!



そろばんと棒は、私を追いかけて廊下に出ると、ハの字の状態に…。



???????




出た!


そろばんと棒だけだと持っていましたが、ソコには、髪の長い女性が立っていました。白い服を着てます。






怖ぇえ(οдО;)




右手にそろばん。左に棒を持って私に近づいてくる。






私は必死に逃げますが、思うように動かねぇ。






再び女性を見ます。







顔がはっきり見えました。





あれ?美人だ。てが、カワイイ。この世に恨みつらみを…って顔もしてない。


と一瞬考えたが、ヤツはそのまま近づいて、私に覆い被さって……




「わぁぁぁぁ(οдО;)」




ってとこで目が覚めた。


会社行くの怖い。会議室入れないよ(-ω-)
by kurosyuke | 2013-08-07 05:48 | おっさんのツブヤキ | Comments(4)
Commented by dio-w21 at 2013-08-07 06:31
そろばんと棒ってのがシュールですねぃ。
それにしても美人に覆いかぶされるとは。
うらやましい!いや、怖い!
Commented by おかん at 2013-08-07 07:20 x
怖いよ~~
しっこちびりそうになっちゃった
Commented by kurosyuke at 2013-08-07 08:01
DiOさん。

美人であったし、普通に肌つやもよかったので、一瞬あれ?って。
その瞬間ガーーーーって!

覆いかぶさる瞬間目が覚めたので・・・・。
Commented by kurosyuke at 2013-08-07 08:02
おかんさん。

ウチの会社はリアルに怖いのよ。