父はヒーローではありません

猪木のビンタは体罰か・・・。

高校バスケ部員の自殺や女子柔道の告発騒動に端を発した体罰問題は、スポーツ界全体で「体罰とは何か」を議論する動きにつながっている。そんななか、「アントニオ猪木のビンタは体罰か」という論争が持ち上が...
出るであろう議論だとおもってました・・・・。




私が結論を出しましょう・・・。
↑何の権限があって?







猪木のビンタは、本人が希望してやってもらう場合はもちろん論外でようね。

ただ、芸人さん等芸能人が、TV的にとか、その場の雰囲気でビンタをやってもらうとなった場合・・・。
コレもOKなんじゃないかと・・・・。







なぜならば!猪木のビンタは!

































縁起物!




神楽舞いを、家の前でやってもらうのと同じと考えましょうよ。

ってが、何でもかんでも体罰と批判してしまうから、論点がずれてしまうんだよ。セルジオさん。

by kurosyuke | 2013-03-18 17:30 | 面倒くさい男のつぶやき | Comments(2)
Commented by hairpriori at 2013-03-18 21:19
アレはパフォーマンスですからね^^
Commented by new-ikumen at 2013-03-19 22:11
別に悪いことしたらやられる訳でもないですしね。

もしかして、わざと論点がずれるようなこと言って、いい加減極端な体罰論議やめようよ、ということかもしれませんね。


いえ、体罰は、いけないと思いますよ。
でも、これはセーフでこれはだめ、って、きっちり線引きしようとするのがあかんと思うのです。セクハラみたいにね、被害者がそうだと思ったら体罰、みたいなくらいで良いと思うんですけどね。
<< 重要な処には付箋を貼りましょう。 父と子の男の会話 >>