父はヒーローではありません

窓越しの太陽

d0149105_748191.jpg

雪が付着した窓に朝日が当たっております。


今日で東日本大震災から丸2年……。

一昨日位からテレビの特番が放送されています。




個人的に色々な考えや、思いがあって…朝から吐きそうになってます。


3月11日のこと、それから数日間のこと・・・・長女・次女は理解もしているので、それなりに。まだ幼かった男児たちにはこれから・・・私の知る限りのことを伝えて教えて行きたいと考えています。

ウチの子供たちには、災害に対してきちんとした知識と理解を持って、発生したときには、自分自身や家族を守り、他の人を支援できる人になって欲しいです。


手を伸ばせる勇気を持った大人になってほしい。決してヒーローになるということではなく、知らない振り、見てみない振りなどして欲しくない・・・・。











被災し、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

by kurosyuke | 2013-03-11 07:48 | 面倒くさい男のつぶやき | Comments(8)
Commented by hairpriori at 2013-03-11 09:29
アレ以降考えが変わった人多いでしょうね
Commented by kurosyuke at 2013-03-11 12:22
昨年も同様の記事を書きました・・・。

色々考えるようになりました。
Commented by Mii at 2013-03-11 16:49 x
海中から空を眺めても似た感じの写真になるよ~

もう2年、でしょうか
まだ2年、でしょうか

被災者、放射能を避けるための自主避難者がたくさん沖縄に居ます。
少なくともあたしに周りにはいませんが、きっともう沖縄の暮らしに溶け込んでいるのでしょう
(県外移住者が多いので見た目で解らないし)

一番影響が及ばなかったココ沖縄も、今日は祈りの日です
Commented by kurosyuke at 2013-03-11 21:55
海中からの眺めにも似てますね・・・。
Commented at 2013-03-11 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurosyuke at 2013-03-12 07:50
おぅ!
Commented by 津軽弁日記メグ at 2013-03-12 12:22 x
全く同感です。
東日本大震災の特番のテレビを子供と共に見ながら思います。

自分でも食べる物が少ないのに、その僅かな食べ物を分け与えたり、昼夜を問わず、不眠不休で救命活動を行った消防隊員や自衛隊員、大切な家族を失った人、そんな人達の姿を見て、人を助ける事の大切さ、命の尊さ、思いやり、普段の生活の有り難さ、難しいかもしれませんが、ほんの少しでも学び取ってほしいと思います。
Commented by kurosyuke at 2013-03-13 05:43
子供たちにはキチンとした知識を持って、災害に向き合って欲しいと思い
ます。
<< こしがいたいのよねぇ 仮面漫才 >>