ブログトップ

父はヒーローではありません

zyamira.exblog.jp

中年だってニュータイプ!     さぁ!オマエの罪を数えろ!!

それでも彼らは銃を手に取る。

また銃の乱射事件がアメリカで起きました。



今回のは、映画館で無差別に乱射・・・・。



犯人は逮捕されるも、彼の自供から自宅に爆弾があることが判明。



銃の乱射とは打って変わって、ずいぶんと素直に爆弾を白状したものだと思ったら、ブービートラップ付きで、自宅に入ったとたんにボーーーン!!てヤツ。


本当に危ない人間・・・。自らをバットマンの悪役ジョーカーだと・・・・。







テレビのコメンテーターも言っておりましたが、こんな事件が起きると、銃の廃止みたいな運動が起きるが、すぐに尻すぼみになるのだ・・・・。



彼らは、自分の子供たちが銃で打たれても、ソレを持ち続けるのだ・・・・。













どう考えても、現実の国には「バットマン」はいないのである。
※この文は加筆しました。
by kurosyuke | 2012-07-23 07:51 | おっさんのツブヤキ | Comments(4)
Commented by hairpriori at 2012-07-23 10:10
銃の会社とか協会が選挙に絡んでるから議員も強く出れないんでしょうね・・
Commented by kurosyuke at 2012-07-23 21:52
実は、私も銃は好きです。カッコイイって思います。

でも、人を撃とうとは思わない、怖いから。たぶんそれが日本人なんだ
と思います。でもアメリカは違う。生まれた環境に銃がある。それは私
には想像できません。

彼らは銃を手放せないんだと思います。怖いから。
Commented by ハエポロ at 2012-07-24 05:18 x
日本は侍の国だからな~
弾丸を刀で切る発想が出来る国だし。
サムライとフロンティアスピリッツは
刀と銃をイメージさせるし
実際、それに精神が被るのも事実だと思う。
Commented by love_cestlavie at 2012-07-24 09:27
銃の会社が政治家と癒着してるから解決しようがないって聞いたことあるよ。

みんながいっせいに銃を放棄しないとわが身の保証がないしね…