父はヒーローではありません

高齢者疑似体験

d0149105_20262324.jpg

d0149105_20262343.jpg

今日は町立奥戸中学校で、高齢者疑似体験がありました。



私は車椅子の指導。



二年生が毎年やるのですが、自分の同級生の息子がいます……なんか…微妙(;^_^A



写真は見本として先生が疑似体験用具を装着しているところです。





生徒たちは、80歳になるという疑似体験用具を装着して、体育館の舞台に杖をつきながらあがって、舞台上にいるお店屋さん(先生)のところで買いものをするのですが、17円とか、15円とか言われておりまして、更に「お釣りが無いようにお金を下さい。」って言われておりました。

つまり、サングラスみたいなのをかけて白内障の状態になっていて、よく見えないのと、手袋を重ねて履いているので、お金が取りづらいのを体験して理解するということです・・・・。






意地悪なおじちゃんは・・・生徒に耳打ちします・・・・。



















く「舞台の上で買いものする時に値切ってきな!」







子供たちは・・・・戸惑いながらも・・・・・「ハイ」






して・・・・結果は・・・・・。





















誰も言ってくれなかった・・・・。



よく見えないのと、お金がガマ口から出しづらいのとで、それどころじゃなかったらしい・・・。












まぁ・・・しょうがないか・・・一生懸命だったからね・・。



今日の彼らの体験が、後に何かに役に立てばよいなと思います。

by kurosyuke | 2011-08-30 20:26 | 地域(本州最北端の地)について | Comments(0)
<< Mr.朝5時男 イギリスサンドはイギリストース... >>