父はヒーローではありません

野田村の人から聞いたら話

昨日、ボランティアのみなさんが、田んぼの瓦礫の片付けを行ったのですが、流れて来た泥のために境目が判らず、依頼のないところまでやってしまいました。まだ完全に片付けていないのですが、一応そこの土地の所有者に撤去してよいか聞きにいきました。(勝手に片付けられないの。)



片付けはOKもらいました。


その時に所有者の人から、津波が押し寄せた時の話を聞きました。

その人(仮にAさん)は、自宅前(瓦礫の片付けのところ)にあったハウスで椎茸を栽培していたそうで、そこ以外に山の方にもハウスがあり、そこで仕事をしていたとの事。

野田村の海岸の方には、けっこう高い松の木が生えているのですが、その木の倍の高さの波が………。

松の辺りにめ民家があって、そこに住んでいる人が、Aさんの家の方まで流されて来たそうです。

目測で1Kmくらい。

なんと!その人は助かったそうな。

奇跡(οдО;)






とりあえず、木曜日までおります。

by kurosyuke | 2011-06-13 06:03 | おっさんのツブヤキ | Comments(0)
<< 野田村にヨネザワエリクサー ホテルその3モーニングコール >>