父はヒーローではありません

今見た夢の話(殺人拳銃)

たった今見た夢の話




何故か体育館にいる。



自分の目の前、約10メートル先に何かが浮いている。回転式ではなくてオートの拳銃。




????


疑問符が頭の中に浮かぶ




なんかヤバイ。咄嗟に横に飛ぶ。



同時に拳銃から煙がでて、銃がスライドしたのが見える、


後れて‘パンッ’と発射音が聞こえたきがする。



横跳びした先には、何のだか判らないブロテクターが落ちてた。
既に夢だという認識はしている。コレで防御できる。そう確信して装着。同じく落ちてたパイプをつかみ突進する。

ニ発胸の辺りに受けながらもパイプで銃を払う。








ってトコで目が覚めました。なかなかハードボイルドな夢でした。


自らの意志で飛び、射つ拳銃の夢。



自分でみといてなんですが、突っ込み処満載です。

ってが、プロテクターすげぇ。防弾チョッキよりすげぇ。痛く無かったもの。

by kurosyuke | 2011-03-23 05:49 | おっさんのツブヤキ | Comments(0)
<< 今日は函館に来てます。 ロッキーのテーマが一番似合う漢 >>