父はヒーローではありません

春の珍味

d0149105_165808.jpg


ええっと・・・いきなりグロテスクですみません。m(_ _)m

これなぁんだ!と言いたいところですが、臓物系ではありません。ナマコですね。

大間では

「キンコナマゴ」

と言われております。

「金口ナマコ」

と書くんだと教えてもらました。


口のところに生えている歯?ヒゲ?が金色なんです。金の口のナマコ。「きんこうナマコ」ということのようです。

d0149105_1658024.jpg

判ります?口の周りをぐるっと髭のようなものが生えてますよね。



これまで、中々良い写真を撮る機会が無くてここまでの写真はありませんでした。




食感は、普通のナマコとは違ってコリコリして、少し甘い味です。炒めて食べても旨いのですが、こてっちゃんと変わらなくなります。


鉄の爪のようなモノで海中を引っ張って採るようです。

いつも頂いてくるので・・・・よく判りません。




北海道では別の呼び名があるようですが、なんて呼び名か忘れました。アイヌ語だったと思います。意味だけ覚えています。「赤ちゃんのチンチン」

by kurosyuke | 2010-05-22 16:58 | 地域(本州最北端の地)について | Comments(2)
Commented by えく at 2010-05-22 21:20 x
(・ω・)おおうなかなかのお姿ですね...
海の幸が基本苦手な猫には無理ぽいっすw
でもこてっちゃん...似てるww
Commented by kurosyuke at 2010-05-22 22:11
普通のナマコよりは食べやすいですよ。生臭くないですから。
生でダメでも、炒めたら(正確には焼いたなのか・・。)食べられるかも・・・。
<< 運動会ぃぃ〜 戦いの準備 >>