父はヒーローではありません

とりあえず

存続問題が解決しない大間~函館間のフェリー問題。とりあえず、来月までは運行されるようです・・・・が!






赤字航路という大きな問題だけでなく、船の老朽化という問題もあって中々スムーズには解決と行かないようです。





冷静に考えて見ますと、利用率が上がれば問題ないのですが、ヤハリON・OFFがある観光客のみでは一時期の利用増しかない・・。

そうなると、北海道に渡る長距離輸送トラックはどうかというと、まぁコレは私の想像ですが・・・・

距離が近くて乗船運賃も安い大間航路ですが、その分狭い国道279号を走らなければならない・・・だとすると高速のインターの近い青森からのほうが良い。また、船が小さい大間航路は青森航路より時化(しけ)で運行が止るということも多い・・・。以上の理由でその分の輸送が伸びない・・・。

本当のところは、長距離トラックの運送業者に聴いてみないことには判らないのですがねぇ~。




私たち住民には必要な交通手段なのですが、燃料の高騰(また上がったらしい・・・。)船の老朽化・・・コレだけは住民のアイディアではクリアできないことだと思います・・・。今年中に行われるという、町、船会社、青森県の会議でよい案がでれば良いのですが・・・。

by kurosyuke | 2009-12-03 13:04 | 地域(本州最北端の地)について | Comments(2)
Commented by えく at 2009-12-04 21:42 x
観光期にがっつり(?)稼いで残りの期間は閑古鳥という
交通機関はけっこうあると思います
ので、どうがっつり稼ぐかがクリアどころですかねぇ

海を渡る以上、遊覧船的な奇をてらったデザインは
まずいのかな~
函館はイカでしたっけ?それと大間のマグロを
船にデザインして
函館観光のオプショナルとして
「大間にマグロを食べに見に触りにいこうツアー」を
作るとか

(・ω・)ちょっと真面目に考えてみたけど
猫頭じゃ大したことも浮かばないので、

いっそ盛り上げるアイデアを一般募集してみたら
どうでしょう、会議メンバーのみなさま。
↑結局他力本願な猫
Commented by kurosyuke at 2009-12-05 06:59
えくさん。
それ・・やっている様です。ただ、一般的なアイディアだけでは難し
いのでしょうね。
<< 一応報告しておきます。 驚異的な天候・・・ >>