父はヒーローではありません

大間小学校学習発表会

d0149105_11453682.jpg

今日はジャミコの小学校の学習発表会でした。

2年生は劇。


「キツネのお客様」


ひよ子を見つけたキツネが、スグに食べずに大きくして食べようと思い家に連れ帰り、ご飯をあげて育て、そうしている内に、家のないアヒルやウサギも同居するようになり、「いいキツネ」と呼ばれるようになり、最後には、ひよ子たちを狼から護って死んでしまうという話・・・・。


どの子供たちもみんな上手に演じておりました。可愛くてかわいくて・・・・。

集団の中に入ると、おとなしいジャミコさん。なかなかどうして大きな声で「アヒル5」を演じておりました。演劇のストーリよりも、わが子の成長に涙が出そうになりました・・・。

by kurosyuke | 2009-11-08 11:45 | 怪獣(子供)の話 | Comments(0)
<< 焼き鮑 ピカピカ野菜 >>