父はヒーローではありません

手術終了

1時間半ほどで、手術室から出てきました。

入室してから、泣いたようですが、マスク(麻酔の)を当てられてすぐに眠ったと嫁が話しておりました。

無事に終了して、ベッドに寝ながらでてきましたが、目が覚めてから、少し暴れたそうです。まぁ〜知らないマスクをした人が沢山いる訳ですから当たり前でしょうね。



夕べは、痛みでおしっこが出せなくて大変でした。結局痛み止めの座薬をして、オムツ装着しましたが、結局トイレまで抱っこで移動。

おしっこは大分我慢したらしく、でもオムツ…ましてや使ったことのないシビンには出来ない様です。


世の中には、もっと大変な病気や手術をしている人、子供がいると思います。今回のギドコの手術でその大変さがわかりました。

by kurosyuke | 2009-08-12 05:52 | 怪獣(子供)の話 | Comments(2)
Commented by 春日部の壺ね! at 2009-08-12 13:10 x
次女ちゃんの手術が無事終わって良かったね、お大事にね。大病を患って初めて健康のありがたさを知るんだよね。アタシも2年前に手術(全身麻酔)をし、20日間入院したんだ。本気(まじ)でつらかったわぁ~。その時病床のベッドで誓ったあの、あの『ダイエット宣言』は…今いずこに(^_^;)。
Commented by kurosyuke at 2009-08-12 21:12
ダイエット・・・・回復してからすぐに始めないと難しいのかなぁ~。
<< 入院の記念に どっとこ >>